女性は更年期障害が始まり閉経が進行するにつれ性欲がどんどん低下して行きます。
抗うつ剤のフリバンセリンは、女性の更年期障害が始まる時期である閉経前に起こる性的欲求低下障害に改善効果があります。
フリバンセリンには性的欲求低下障害の改善校があるため、女性用の媚薬として服用するする人も多いです。

ただ、フリバンセリンは米国で認可を受けた薬ですが、抗うつ剤なので服用によって様々な副作用を起こします。
パッケージの説明書きの注意点で書かれているフリバンセリンの副作用としては、失神や、吐き気や、血圧低下などを起こす場合があると書かれてます。

フリバンセリンと同様の性的欲求低下障害に効果がある薬としてアディを用いて治療してましたが、アディは高価格であったため、アディのジェネリック薬として廉価なフラバセリンの人気が上がりました。

フリバンセリンやアディは米国でも認可されたばかりの薬で、まだ日本では認可されていないので病院で診察を受けても処方で入手する事は通常はできません。
フリバンセリンやアディを購入する方法は、個人輸入になります。

海外の薬品を個人輸入する場合は、自分で使う目的での購入の場合なら自分でもできます。
個人輸入の方法としては、海外の医薬品を扱っているネット通販のドラッグストアや、海外の通販サイトなどで購入して国際航空便で輸入できます。
ただ、個人で輸入を行う場合には、英語で書かれた説明文を読んで注文するため英語が読めなければならず、国際航空便で輸入するため単品でもかなりの送料が掛かり、稀に未認可の偽物が送られて来るリスクがあります。

そういった煩わしい手続きや偽物が送られて来るリスクなどを避けるために、海外の医薬品を購入する場合には日本国内にある個人輸入代行業者から購入するのが安全です。
個人輸入代行業者の場合は、煩わしい注文手続きを代行してくれ、注文数が多くまとめて大量に注文するので、国際航空便の送料も抑える事ができ、届いた薬品の段ボールを開けて認可された薬か確認してから配送されるので安心して服用できます。

フリバンセリンの正しい服用方法とは?

フリバンセリン(アディ)の正しい服用方法は1日1回夜就寝する前に服用します。
男性のED治療薬のようにその都度服用せずに、毎日寝る前に1錠だけ服用する必要があります。
フリバンセリンはアメリカで人気のある媚薬として有名で、多くの人が利用している人気の治療薬です。

副作用にはめまいや吐き気、失神や眠気などのいろいろなものがありますが、適量を服用していると基本的に心配はないでしょう。
フリバンセリンの一般的な副作用は説明書などに添付されているので、事前に確認しておくことをおすすめします。
朝にフリバンセリンを服用したりアルコールや他の薬剤と服用すると副作用が出やすくなるので、特にアルコールと一緒に飲まないように注意しましょう。

女性用の性欲増進剤としてアメリカで認可されていて、閉経前のせいで性的欲求低下障害の女性に適応している薬剤です。
アメリカには多くの患者がいて幅広い世代の人が利用しています。
男性が服用しても問題はなく、理論上男性もドーパミンやノルアドレナリンが増加したり、セロトニンが抑制されるので女性と同じように性欲が増進されたり、性欲が低下気味の男性にも効果があるでしょう。
射精が早くなる可能性があり、射精はノルアドレナリンやセロトニンなどが相互調整しているのでノルアドレナリンによって射精が促されるケースもあります。

インターネットには個人輸入代行サイトがいくつかあるので、個人輸入代行サイトを利用するとリーズナブルな価格で購入することが可能です。
最近ではさまざまな薬剤サイトが進出しているので比較検討することによってコストを抑えて注文することができ、通常プライベート梱包で郵送されるので周囲の人にも気付かれません。